« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

パリからの便り

パリからの便り、OB 吉田進さんから便りが届きました。

☆「おお美しきわが祖国よ」ローマ歌劇場で大合唱

今年はイタリアが独立統一して、ちょうど150年目に当たります。

それを記念して、昨夜(3月17日)ローマ歌劇場で、ヴェルディのオペラ 《ナ ブッコ》が上演され、フランスのテレビでも中継されました(指揮リッカルド・ムーティ、主役レオ・ヌッチ)。《ナブッコ》は、西暦以前にエルサレ ムを攻略した、バビロニア王ナブコドノゾールの話です。

この中に、バビロニアで奴隷となったユダヤ人たちが祖国を思って歌う、《行け、わが想  よ、金色の翼に乗って》という大変有名な合唱があります。

初演当時(1842年)、イタリアはオーストリアの圧政に苦しんでいたため、この歌は以 後イタリア人の愛国歌となりました。今回《ナブッコ》が、独立統一150周年記念に上演されたのは、こういう事情があるからです。しかし、南 北分 割問題や、ベルリスコーニ大統領のスキャンダルなどで揺れるイタリアで、観客はどういう気持でこの公演に接するのでしょうか。

《行け、わが想い よ、金色の翼に乗って》が歌われると、予想された通りの大喝采。

「アンコール!」の声が止まないので、指揮者ムーティはとうとう手を上げて聴 衆を 制しました。さて音楽の続き、と思いきや、ムーティはくるりと客席の方を向いて、「文化というものを大切にしないと、舞台上の人々のようなことに なるんですよ」と、国の文化政策をやんわりと批判、今度は出演者も含めた大拍手が巻き起こりました。そこでいよいよ舞台再開というタイミング で、 ムーティは再び観客側を振り返り、「それじゃ皆さん、ご一緒に歌いましょう。テンポに気を付けて下さいよ」と、客席に向かって指揮、会場全体の大 合唱となり、舞台上の合唱団も涙を流しながら《行け、わが想いよ、金色の翼に乗って》を歌いました。祖国が危機にある時、こうして皆が声を合 わせ ることこそが大切なのだと、僕は感動していました。   〔3月18日付〕 吉田 進 

| コメント (1) | トラックバック (0)

ニューヨーク在住、荒垣恒英 来日

3月11日に東北地方の沿岸を震源域とする未曾有の大地震が発生して、
広い範囲で甚大な被害が出ています。
この地震と津波のために亡くなられた方に衷心よりお悔やみ申し上げるとともに、
被害に遭われた方々に謹んでお見舞い申し上げます。

スカウトのみなさん。私たちは地震で被害に遭われた多くの方々に対して、
私たちができる方法で援助の手を差し伸べようではありませんか。

海外の仲間からお見舞いのメールが入っております。

パリ 吉田  未曾有の地震のお見舞いを申し上げます
母国が困難に立ち向かう時に、居合わせることが出来ないのは、
誠に残念です。フランスのラジオで、在日仏人が「まるでシェーカーの
中に居るかのよ うだった。日本人が沈着なのに非常に驚いた」と語っていたのを、
僕は誇りに思います。
お蔭様で東京の兄弟家族は、皆無事でした。どうかくれぐれも お気を付けてお過ごし下さい。
吉田 進

上海から、 臼井さん
幸い、われわれ家族は大丈夫なようです。
家内と長女は福岡での結婚式準備で東京不在でした。
長男は、川崎の会社から帰宅できずに、会社で一晩明
かしてから帰宅したようです。
 皆さんのご家族は、大丈夫でしたか?
役員会も延期とのこと、しばらく大変ですね。中国国内
でも、珍しく長時間の実況中継しており関心の高さが
判ります。

フランスの大石ミチコからもお見舞いが入っております。

ニューヨーク在住、荒垣恒英さん
947年の霊南坂スカウト創立時からのスカウト、荒垣恒英さん
(ニューヨーク在住)が仕事の関係で久しぶりに来日して、3月13日、
礼拝に出席されました。礼拝後昔の仲間とお元気に歓談されました。
荒垣さんはご自分のクラブ会費の納入状況について心配していて
2014年度分まで先払して帰国されました。

Photo

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »